安全性受託»»

有効性受託TOP

       

サティス製薬からお知らせ(安全性サイト)へ

有効性試験の受託について

科学的根拠に裏打ちされた高機能な化粧品・医薬部外品・食品やそれら原料が市場で求められています。サティス製薬では酵素・細胞から遺伝子、ヒト試験レベルに至るまで、皮膚の美容に関わる様々な有効性試験を提供し、有用性評価データにもとづいた高機能な製品を市場にお届けするお手伝いがしたいと考えています。

肌への効果を検証するヒト試験では、保湿・美白・抗老化・抗シワ(ガイドライン準拠)・ハリ・弾力・キメ・毛穴・肌荒れ・くすみ改善などへの効果を、専用の人工気候室で精緻に測定します。 生化学試験・培養細胞を用いた試験では、スーパーオキサイドアニオン(O₂-)・ヒドロキシラジカル(•OH)・過酸化脂質(LOOH)などの活性酸素種の生成に対応する抗酸化能、メラニン合成に関わるチロシナーゼ活性、肌にハリ・弾力を与えるコラーゲンやエラスチンの分解酵素活性に対する被験物質の阻害作用や、培養細胞によるコラーゲン・ヒアルロン酸産生増加作用を評価します。セラミドや天然保湿因子(NMF)、フィラグリン・メラニンの移行/貯留・微弱炎症など、最新の皮膚科学知見にもとづく、美白・抗老化・保湿領域における21もの作用点で遺伝子発現解析を行い、有用性メカニズムを包括的に検証することも可能です。

これら有効性試験を、美容やヘルスケア製品の研究開発・商品企画・営業販売に関わる全てのお客様のご要望に応じて提案し、商品PRだけでなく学術発表に耐える高質な報告書を提出いたします。

有効性試験の詳細

ヒト試験

ヒト

保湿・ハリ・弾力試験(塗布即時効果および持続力)

化粧品などを前腕屈側部に塗布し、保湿・柔軟性・ハリ・弾力への即時的な効果や持続力をセットで評価します。

試験項目 角層水分量皮膚粘弾性(柔軟性・ハリ・弾力)水分蒸散量(オプション)
被験者 5名または10名
測定 塗布前、塗布直後、1時間後、2時間後、4時間後、6時間後
納期 約1ヶ月
対象物 スキンケア製品、洗浄料、化粧品原料など
表記・訴求 肌の潤いを保つ、洗うほどに潤う、潤い持続、水分保持力、ハリ・弾力のある肌、柔軟


ヒト

1ヶ月連用 抗シワ試験(シワ製品評価ガイドライン準拠)

 新規効能取得のための抗シワ製品評価ガイドライン※  に準じた抗シワ試験を実施します。

試験項目 Trained Expertによるシワグレード判定、写真撮影、レプリカ二次元解析・三次元シワ解析
被験者 20名
測定 試験前、4週間後
納期 約2.5ヶ月
対象物 スキンケア製品など
表記・訴求 「乾燥による小ジワを目立たなくする」
※日本香粧品学会 抗老化機能評価専門委員会(化粧品機能評価法検討委員会)策定

 抗老化関連遺伝子発現を介したシワ・ハリ/弾力低下のメカニズム  はこちら←研究開発・商品企画・設計のヒントに。



ヒト

1ヶ月連用 肌改善試験(全項目を網羅的に解析)

連用した化粧品の効果を網羅的に評価します。肌への有効性を、現在考えうるあらゆる観点から徹底的に分析し、化粧品の持つ可能性に迫ります。

試験項目 角層水分量経皮水分蒸散量皮脂量柔軟性・ハリ・弾力pH、肌荒れ(多重剥離)、アンケート、視感評価
肌色解析(Lab値:肌の明るさ・赤み・黄み、メラニンIndex、血流Index、ヘモグロビン酸素飽和Index)
独自開発ソフトウエアによるレプリカ解析(シワ・キメ・毛穴の質別数の分布、方向性、歪みたるみ解析)
マイクロスコープによる肌拡大観察(キメ・毛穴・シワ)と上記ソフトウエア解析
VISIAによる全顔解析(シミ、隠れシミ、茶色いシミ、シワ、キメ、毛穴、紅斑、ポルフィリン)
被験者 10名~
測定 試験前、4週間後
納期 約2.5ヶ月
対象物 スキンケア製品、洗浄料、化粧品原料など
表記・訴求 美白系  :透明感、明るい肌、くすみ・シミ・黄ぐすみ・クマのない肌、美透白、even skin tone
理想肌/肌悩 抗老化系 :ハリ・弾力のある肌、たるみ・シワのない肌、アンチエイジング
保湿系  :潤いのある肌、バリア機能の高い肌、やわらか肌、ターンオーバーが正常な肌、乾燥肌
外観/複合:キメの整った肌、毛穴が目立たない肌、たるみ毛穴、血色の良い肌、クリアな肌、赤ちゃん肌
 
 
 
 
 
 

生化学・細胞試験

in vitro

美容3領域簡易検討セット〈美白|抗老化|抗酸化〉

美白・抗老化・抗酸化という市場ニーズの高い3領域で、被験物質の多面的な性質を安価に検討します。

項目 チロシナーゼ阻害 メラニン合成酵素チロシナーゼに対する阻害効果を、酵素生成物ドーパクローム生成量で測定
エラスターゼ阻害 ハリ・弾力の源、エラスチンを分解してしまうエラスターゼ酵素活性に対する阻害効果を測定
活性酸素消去能 DPPHラジカル消去能から老化防止に有効と言われる抗酸化力を測定
納期 約1ヶ月
対象物 化粧品原料など


in vitro

抗老化検討セット〈コラーゲン|ヒアルロン酸|細胞賦活〉

コラーゲン・ヒアルロン酸は、肌のハリや弾力、瑞々しさ、シワができにくい肌状態の維持に必要不可欠な成分です。ヒト線維芽細胞によるこれら抗老化成分の産生に対して、被験物質がもたらす効果を検証します。

項目 コラーゲン産生促進 肌にハリ・弾力を与える1型コラーゲンの産生量に対する効果をELISAで測定
ヒアルロン酸産生促進 コラーゲンやエラスチンの間で水分を抱え込むヒアルロン酸の産生促進効果をELISAで測定
細胞賦活 真皮線維芽細胞の増殖に対する効果を測定
納期 約1ヶ月
対象物 化粧品原料など


in vitro

抗酸化能検討セット〈O₂-|•OH|過酸化脂質〉

活性酸素種(Reactive Oxygen Species, ROS)は、シミ/シワ/ハリ・弾力の低下/くすみや黄ぐすみ/毛穴の目立ち/キメの乱れ/肌荒れの一因と言われています。活性酸素は多岐にわたり、それぞれに対応する抗酸化成分が必要です。そこで、紫外線による炎症や代謝などで初期に生成されるスーパーオキサイドアニオン(O₂-)、最強の活性酸素と言われるヒドロキシラジカル(•OH)に対する被験物質の消去作用、そして、皮脂などが酸化して発生する過酸化脂質(LOOH)の生成を抑制する作用、これら合計3つの活性酸素種に対する被験物質の抗酸化能をセットで評価します。

項目 SOD様活性 キサンチン、キサンチンオキシダーゼ系より生成するO₂-の消去能をホルマザン生成量で測定
OHラジカル消去能 過酸化水素から生成する•OHに対する被験物質のラジカル消去作用を測定
過酸化脂質生成抑制 不飽和脂肪酸の1つであるリノール酸が酸化してできる共役ジエンを測定
納期 約1ヶ月
対象物 化粧品原料など
 
 
 
 
 
 
  • 皮膚一次刺激性-In vivo:パッチテスト

遺伝子発現解析《美白・抗老化・保湿》

肌の《美白・抗老化・保湿》をコントロールする重要な因子の遺伝子発現に対する被験物質の効果をリアルタイムPCRで評価します。

 RT-PCR による遺伝子発現解析のしくみ

タンパク質の設計図であるDNAを鋳型にしてRNAができ、RNAがアミノ酸を数珠つなぎにするとタンパク質ができます。当社では目的タンパク質のRNAに相補的なDNA(cDNA)を作り、cDNA量から遺伝子をリアルタイムで定量するリアルタイムRT-PCR(Reverse transcription-polymerase chain reaction)を用いて遺伝子発現解析を行います。遺伝子発現解析により、原料等の美白・抗老化・保湿効果を説明するためのメカニズムを検証することができます。研究開発だけではなく、商品設計・開発・企画・営業提案にも活用することができます

PCR

美白関連遺伝子 検討セット

紫外線で刺激された色素細胞(メラノサイト)では、過剰にメラニンが生成されます。これが表皮角化細胞に移行・滞留してシミができます。そこで表皮角化細胞や紫外線を照射した色素細胞による8つの美白関連遺伝子(メラノサイトの刺激メラニン産生メラニンの移行/滞留に関連する遺伝子)の発現に集中して、被験物質の効果をPCRで評価します。

色素細胞 チロシナーゼ (メラニン合成関連酵素) Mc1r (メラノサイト刺激ホルモン受容体)
メラノサイト
表皮角化細胞 COX-2    (PGE2産生酵素) IL-1α (炎症サイトカイン)
ケラチノサイト エンドセリン-1(メラニン産生促進ペプチド) SCF   (幹細胞増殖因子)
MIF       (マクロファージ遊走阻止因子) PAR-2  (メラニン抱え込み因子)

 活性酸素種(ROSを)や美白関連遺伝子発現を介したシミ・くすみのメカニズム  はこちら←研究開発・商品企画・設計のヒントに。

 

PCR

抗老化・シワ・ハリ関連遺伝子 検討セット

コラーゲンエラスチンヒアルロン酸の機能が損なわれると、皮膚のハリ・弾力が低下してシワができます。そこで、真皮線維芽細胞によるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生や分解など、抗老化に関わる遺伝子の発現に対する被験物質の効果を、PCRで集中的に検証します。

真皮線維芽細胞 1型コラーゲン MMP-1       (1型コラーゲン分解酵素)
ファイブロブラスト エラスチン   (弾性線維) NEP        (エラスチン分解酵素)
HAS-1,2    (真皮ヒアルロン酸合成酵素) ヒアルロニダーゼ-1  (ヒアルロン酸分解酵素)

 抗老化関連遺伝子発現を介したシワ・ハリ/弾力低下のメカニズム  はこちら←研究開発・商品企画・設計のヒントに。

 

PCR

保湿・バリア機能関連遺伝子 検討セット

表皮角質層で保湿やバリア機能を担う3要素は、細胞間脂質を構成するセラミド、アミノ酸やヒアルロン酸などの天然保湿因子(Natural Moisturizing Factor:NMF)、そしてコーニファイドエンベロープ(Cornified Envelope:CE)です。これら保湿・バリア機能にかかわる遺伝子発現に対する被験物質の効果を、PCRで集中的に検証します。

表皮角化細胞 β-グルコセレブロシダーゼ (セラミド産生酵素) アルカリセラミダーゼ-2(セラミド分解酵素)
ケラチノサイト スフィンゴミエリナーゼ  (セラミド産生酵素) フィラグリン      (NMFの材料)
トランスグルタミナーゼ-1 (CE成熟酵素) HAS-3        (表皮ヒアルロン酸合成酵素)

 保湿関連遺伝子発現を介した肌の乾燥やバリア機能低下のメカニズム  はこちら←研究開発・商品企画・設計のヒントに。

 
 
検出方法 :リアルタイムPCR-TaqMan法 / 内在性コントロール:GAPDH
納期 :約1ヶ月
対象物  :化粧品原料など
  • 眼刺激性-角膜上皮由来細胞を用いた細胞毒性試験
  • 眼刺激性-角膜上皮由来細胞を用いた細胞毒性試験
  • 眼刺激性-角膜上皮由来細胞を用いた細胞毒性試験
  • 眼刺激性-角膜上皮由来細胞を用いた細胞毒性試験
  • 眼刺激性-角膜上皮由来細胞を用いた細胞毒性試験

有効性試験の流れ

必要事項を記入の上、 お申し込み 下さい。

見積書・注文書・試験品確認書をメール致します。

承諾頂けましたら、注文書と試験品確認書ご記入の上、メールして下さい。注文書受理をもって、正式発注とさせて頂きます。
※製品名称等の情報はコード化して頂いて構いません。

指定日時までに到着するように被験品をお送り下さい。
〒135-0047 東京都江東区富岡2-11-6 長谷萬ビル3F
株式会社サティス製薬研究部 有効性試験担当
※送料は、お客様の負担とさせて頂きます。

サティス製薬にて有効性試験を実施します。

最終報告書を送付させて頂きます。

試験のお申し込み

必要事項をご記入の上、 お申し込み 下さい。

お見積り書のご確認

見積書・注文書・試験品確認書をメール致します。

試験の依頼

承諾頂けましたら、注文書と試験品確認書ご記入の上、メールして下さい。注文書受理をもって、正式発注とさせて頂きます。
《製品名等の情報はコード化して頂いて構いません》

検体の送付

指定日時までに到着するように被験品をお送り下さい。
〒135-0047 東京都江東区富岡2-11-6 長谷萬ビル3F
株式会社サティス製薬研究部 有効性評価担当
※送料は、お客様の負担とさせて頂きます。

試験の実施

サティス製薬にて有効性試験を実施します。

結果のご報告

最終報告書を送付させて頂きます。

※ご依頼の内容や試験結果など全ての情報において、機密を厳重に保持します。第三者へ開示いたしません。
 (NDAや委託契約を締結することも可能です)
※試験結果に基づくお客様の行為に関して、弊社は責任を負いません。