安全性受託»»

有効性受託TOP

       

《理想肌/肌悩み/訴求/目的》に対応した化粧品、医薬部外品の
有効性(有用性)評価・試験方法


エンドユーザーが思い描く理想肌や肌悩みに真摯に向き合い、応えようとする全てのブランド様・メーカー様向けに、当試験施設が提供する試験法を整理しました。マーケットインで研究開発・商品の企画設計を行い、適切な営業提案、市場への訴求・機能表示を経てエンドユーザーに"選ばれる"ための一助となれば幸いです。

保湿|潤いのある肌、潤い持続、バリア機能の高い肌、乾燥肌の改善

ヒト試験

保湿・ハリ/弾力試験(塗布即時効果および持続力)

被験物質塗布後の保湿(角層水分量)・柔軟性・ハリ・弾力(皮膚粘弾性)への即時的な効果や持続力をセットで評価します。


4週間連用 肌改善試験(全項目を網羅的に解析)
連用した化粧品の効果を網羅的に評価します。角層水分量経皮水分蒸散量皮脂量柔軟性・ハリ・弾力pH、肌色解析、レプリカ解析、マイクロスコープ解析、VISIAによる全顔解析、ほか


生化学・細胞試験

抗酸化能検討セット〈O₂-|•OH|過酸化脂質〉

スーパーオキサイドアニオン(O₂-)に対してSOD様活性、ヒドロキシラジカル(•OH)に対してOHラジカル消去能、過酸化脂質(LOOH)に対しては過酸化脂質生成抑制。このようにそれぞれの活性酸素種(Reactive Oxygen Species, ROS)に対する被験物質の抗酸化能をセットで評価します。


遺伝子発現解析

保湿・バリア機能関連遺伝子 検討セット

表皮角化細胞(ケラチノサイト)におけるセラミド/天然保湿因子NMF/ヒアルロン酸/CEに関連する遺伝子発現を解析し、被験物質の効果をセットで検証します。

β-グルコセレブロシダーゼ (セラミド産生酵素)スフィンゴミエリナーゼ  (セラミド産生酵素)アルカリセラミダーゼ-2(セラミド分解酵素)フィラグリン(天然保湿因子NMFの材料)HAS-3(表皮ヒアルロン酸合成酵素)トランスグルタミナーゼ-1 (コーニファイドエンベロープCE成熟酵素)


参考セラミド・NMF・ヒアルロン酸による肌の保湿、バリア機能形成のメカニズム 



美白|透明感、明るい肌、くすみ・シミ・黄ぐすみ・クマのない肌、Even Skin Tone

ヒト試験

肌改善試験(4週間連用、全項目を網羅的に解析)
連用した化粧品の効果を網羅的に評価します。保湿バリア機能皮脂量柔軟性・ハリ弾力pH、肌色解析(肌の明るさ・赤み・黄み、メラニンIndex、血流Index、ヘモグロビン酸素飽和Index)、マイクロスコープ解析、VISIAによる全顔解析(シミ、隠れシミ、茶色いシミ、シワ、キメ、毛穴、紅斑、ポルフィリン)、ほか


生化学・細胞試験

美容3領域簡易検討セット〈美白|抗老化|抗酸化〉

市場ニーズの高い美白/抗老化/抗酸化 領域で、被験物質の有用性を安価に検討します。チロシナーゼ(メラニン産生)阻害エラスターゼ阻害(抗老化)活性酸素消去能 (抗酸化)の3つをセットにして、化粧品原料などの被験物質を評価。


抗酸化能検討セット〈O₂-|•OH|過酸化脂質〉

スーパーオキサイドアニオン(O₂-)に対してSOD様活性、ヒドロキシラジカル(•OH)に対してOHラジカル消去能、過酸化脂質(LOOH)に対しては過酸化脂質生成抑制。このようにそれぞれの活性酸素種(Reactive Oxygen Species, ROS)に対する被験物質の抗酸化能をセットで評価します。


遺伝子発現解析

美白関連遺伝子 検討セット

美白やメラニンに関連する以下の遺伝子発現を解析。被験物質の効果をセットで検証します。

色素細胞(メラノサイト)で働く遺伝子   :チロシナーゼ (メラニン合成関連酵素)Mc1r (メラノサイト刺激ホルモン受容体)

表皮角化細胞(ケラチノサイト)で働く遺伝子:IL-1α (炎症性サイトカイン、色素細胞刺激)COX-2    (PGE2産生酵素、色素細胞刺激)エンドセリン-1(メラニン産生促進ペプチド)SCF   (幹細胞増殖因子、PAR-2産生)PAR-2  (メラニン抱え込み因子)MIF(マクロファージ遊走阻止因子、色素細胞刺激)


参考:紫外線や活性酸素種がケラチノサイトやメラノサイトに作用し、くすみ・色素沈着(シミ)を定着させるメカニズム 



抗老化|ハリ/弾力のある肌・たるみ/シワのない肌、エイジングケア、アンチエイジング

ヒト試験

保湿・ハリ/弾力試験(塗布即時効果および持続力)

被験物質塗布後の保湿(角層水分量)・柔軟性・ハリ・弾力(皮膚粘弾性)への即時的な効果や持続力をセットで評価します。


抗シワ試験(4週間連用 、抗シワ試験の方法、費用と期間

抗シワ製品評価ガイドライン ※に準じた抗シワ試験を実施します。

※日本香粧品学会 抗老化機能評価専門委員会(化粧品機能評価法検討委員会)により策定


肌改善試験(4週間連用、全項目を網羅的に解析)
連用した化粧品の効果を網羅的に評価します。角層水分量経皮水分蒸散量皮脂量柔軟性・ハリ・弾力pH、肌色解析、レプリカ解析、マイクロスコープ解析、VISIAによる全顔解析、ほか


生化学・細胞試験

美容3領域簡易検討セット〈美白|抗老化|抗酸化〉

市場ニーズの高い美白/抗老化/抗酸化 領域で、被験物質の有用性を安価に検討します。チロシナーゼ(メラニン産生)阻害エラスターゼ阻害(抗老化)活性酸素消去能 (抗酸化)の3つをセットにして、化粧品原料などの被験物質を評価。


抗老化検討セット(細胞)〈コラーゲン|ヒアルロン酸|細胞賦活〉

真皮ヒト線維芽細胞に対する細胞賦活、およびコラーゲン産生促進・ヒアルロン酸の産生促進作用を検討します。


抗酸化能検討セット〈O₂-|•OH|過酸化脂質〉

スーパーオキサイドアニオン(O₂-)に対してSOD様活性、ヒドロキシラジカル(•OH)に対してOHラジカル消去能、過酸化脂質(LOOH)に対しては過酸化脂質生成抑制。このようにそれぞれの活性酸素種(Reactive Oxygen Species, ROS)に対する被験物質の抗酸化能をセットで評価します。


遺伝子発現解析

抗老化・シワ・ハリ・弾力/関連遺伝子 検討セット

真皮線維芽細胞における以下の遺伝子発現を解析。被験物質の効果をセットで検証します。
1型コラーゲンMMP-1 (1型コラーゲン分解酵素)エラスチン (弾性線維)NEP (エラスチン分解酵素)HAS-1,2(真皮ヒアルロン酸合成酵素)ヒアルロニダーゼ-1  (ヒアルロン酸分解酵素)


参考:コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が変化してシワが発生・肌のハリ弾力が低下するメカニズム 



抗シワ訴求|シワ訴求製品評価ガイドライン準拠、乾燥による小じわが目立たない

ヒト試験

抗シワ試験(シワ製品評価ガイドライン準拠)(4週間連用 、抗シワ試験の方法、費用と期間

抗シワ製品評価ガイドライン ※に準じた抗シワ試験を実施します。

※日本香粧品学会 抗老化機能評価専門委員会(化粧品機能評価法検討委員会)により策定


肌理(キメ)・毛穴|毛穴の開き・黒ずみ・たるみ・角栓、キメ滑らか・ふっくら・乱れ

ヒト試験

肌改善試験(4週間連用、全項目を網羅的に解析)
連用した化粧品の効果を網羅的に評価します。VISIAによる全顔解析でのキメ・毛穴・ポルフィリン解析に加え、独自開発アプリケーションを用いてマイクロスコープ肌拡大画像とレプリカを解析します。キメの細かさ(大きさ)・数・密度・バラツキ、毛穴の大きさ(大中小の3階層に分類)・バラツキ・方向性・歪み・数の変化を定量的に計測し、併せて、オリジナルの美しいビジュアルデータ(画像)を提供します。


抗酸化|(微弱)炎症対応の美白・抗老化・保湿メカニズム、過酸化脂質による肌荒れ

生化学・細胞試験

美容3領域簡易検討セット〈美白|抗老化|抗酸化〉

市場ニーズの高い美白/抗老化/抗酸化 領域で、被験物質の有用性を安価に検討します。チロシナーゼ(メラニン産生)阻害エラスターゼ阻害(抗老化)活性酸素消去能 (抗酸化)の3つをセットにして、化粧品原料などの被験物質を評価。


抗酸化能検討セット〈O₂-|•OH|過酸化脂質〉

スーパーオキサイドアニオン(O₂-)に対してSOD様活性、ヒドロキシラジカル(•OH)に対してOHラジカル消去能、過酸化脂質(LOOH)に対しては過酸化脂質生成抑制。このようにそれぞれの活性酸素種(Reactive Oxygen Species, ROS)に対する被験物質の抗酸化能をセットで評価します。


肌状態|化粧品の使用(単回/連用)・食事・生活習慣による肌状態・ハリ・弾力の改善

角層水分量測定


ヒト試験

保湿・ハリ/弾力試験(塗布即時効果および持続力)

被験物質塗布後の保湿(角層水分量)・柔軟性・ハリ・弾力(皮膚粘弾性)への即時的な効果や持続力をセットで評価します。


抗シワ試験(4週間連用 、抗シワ試験の方法、費用と期間

抗シワ製品評価ガイドライン ※に準じた抗シワ試験を実施します。

※日本香粧品学会 抗老化機能評価専門委員会(化粧品機能評価法検討委員会)により策定


肌改善試験(4週間連用、全項目を網羅的に解析)
連用した化粧品の効果を網羅的に評価します。角層水分量経皮水分蒸散量皮脂量柔軟性・ハリ・弾力pH、肌色解析、レプリカ解析、マイクロスコープ解析、VISIAによる全顔解析、ほか