安全性受託»»

有効性受託TOP

       

チロシナーゼ阻害活性評価試験

チロシナーゼとは

チロシナーゼとは、メラニン色素をつくり出す色素細胞(メラノサイト)だけが持っている酸化酵素の事です。

一般にシミ・ソバカスは過剰なメラニン色素が生成されることによって引き起こされます。そのメラニン色素の生成は次のようなメカニズムで起こります。太陽光の中の紫外線、ストレス、大気汚染などに曝されると皮膚の表面で活性酸素が発生します。するとその刺激によってメラノサイトが活性化され、チロシナーゼの生成が始まります。こうして生成されたチロシナーゼはアミノ酸の一種であるチロシンと反応し、さらにいくつかの段階を経てメラニンを作り出します。メラニン色素生成メカニズムの画像

試験概要

チロシナーゼの画像チロシナーゼはメラニンを作る酵素であるため、チロシナーゼ阻害効果の知られている物質等と比較したり、添加の有無によるチロシナーゼ活性への影響を調べる事によって、メラニンの生成抑制効果が評価できます。

この試験を利用し、化粧品や化粧品原料、化粧品原料となりうる素材(植物、酵母などの微生物、海産物など)のメラニン生成抑制による美白効果について予測することができ、機能性の一端を明らかとすることが可能となります。

測定例

サンプル:当社製造エキスA
強いチロシナーゼ阻害作用を持つ事で知られるビタミンCには劣るものの、当社製造エキスAには、457.50 mg/mL濃度において、94.01%と高い阻害率がみられました。
チロシナーゼ阻害作用の画像
IC50:401.16 mg/mL