安全性受託»»

有効性受託TOP

       

皮膚粘弾性測定評価試験

皮膚粘弾性とは

皮膚の粘弾性とは、簡単に言うと弾力(かたさ)のことで、老化度(肌年齢)のひとつの指標とされています。肌にとっては、「柔らかく」かつ「ハリがある」ということが理想として求められています。しかし弾力は、紫外線や温度変化といった外的要因だけではなく、加齢やストレス、睡眠不足といった内的要因によっても低下してしまいます。これらは、皮膚の代謝を衰えさせ、細胞の働きを低下させることにより、角質層を厚くして弾力を低下させます。

試験概要

この試験を利用することにより、化粧品や化粧品原料、化粧品原料となりうる素材(植物、酵母などの微生物、海産物など)の塗布による肌の弾力性改善効果を測定することができます。
皮膚粘弾性測定評価試験の画像

測定例

測定例の画像 サンプル:当社製造品 (化粧水)
測定部位:前腕
測定内容:
茶線……化粧品をつけていない肌
赤線……化粧品を継続的に塗布し続けた肌


結果の解釈:
化粧水をつけていない肌(茶線)より、化粧水を継続的に塗布し続けた肌(赤線)の方が伸びが大きいため、化粧品を継続的に塗布し続けることにより皮膚の粘弾性が高くなることがわかります。